猫の滑り止め

少しづつ猫のための部屋準備をはじめております。

滑り止め敷いてみました!

猫の滑り止め対策する理由は主に3つです!
・(賃貸の場合)下の階の住人への騒音対策
・猫様のスリップ/転倒防止
・猫様の関節の負担/関節炎の防止


猫は人間が思う以上に足元が滑りやすい。
関節炎になる可能性を防いであげたい!
ストレスなく、猫には走り回ってもらいたい!
ということで、こんなの敷いてみました。

マットを選ぶ上で心掛けたことは
下記④つです!
①毛ふさふさカーペットは避ける
 →ダニ・埃・ちりごみを気にしたくなかった。
②ジョイントマット(タイルラグ)は避ける
 →間から入りこむ
埃・チリゴミが許せんっ!
  大きな1枚だけ敷くことに拘りました。
③クッションフロアマット
(クッション性があること)
 →下の階への騒音防止したかった。  

そして、最後の理由は
撥水加工マット
(拭き掃除可のビニール素材)にすること
 →猫の不意のおっしこピー助や
  嘔吐けろけろケー助事件が起こっても、
  拭き掃除可能な素材に拘りました。

ただ完全なビニール素材だと
猫の爪が引っかかって、
すぐにズタボロになると思ったので
このくらいがちょうどいいかな、と。

【追記】2023.2
このフロアマットですが、
人間がよく水をこぼします。え。
撥水加工されているので、
水滴のようにプルンプルンと
マット上にこぼれるので拭きやすいです。

100%完全に撥水か?と言われると
超絶完璧主義の人からすると99点なのかも。
大量にこぼしたりしたら
少しは染み込むと思うので。

そしてこのマットは毛羽が極限まで短い!
猫の爪は一切引っかからないし、
食べかすが落ちても間に入り込まないレベルです。

Comments

Comments are closed.